1. JSAホーム
  2. 水着のお手入れ

水着のお手入れ

水着はデリケートなアイテム。取り扱い事項や品質表示をたしかめ、正しく取り扱いましょう。

⇒プリントアウト用PDFはこちら

着用中は…

プールから上がったら、必ずシャワーを。

プールから上がったら、必ずシャワーを。
プール水には殺菌用塩素が含まれています。それには漂白作用があり水着の色落ちの原因になります。プールから上がったら必ず、シャワーをして下さい。

日焼け用オイルや紫外線カットクリームは、生地やゴムをいためます。

日焼け用オイルや紫外線カットクリームは、生地やゴムをいためます。
日焼けオイルや紫外線カットクリームは水着の生地や使用しているゴムによくありません。オイルやクリームを使用した時は、よく洗い落として下さい。

滑り台にご用心!

滑り台にご用心!
プールなどのすべり台では滑るときの摩擦熱で生地が溶けたり、引っかかって破れたりする場合が有りますので注意して下さい。

使用後は…

水着を脱いだら、必ず水洗いを。

プールから上がったら、必ずシャワーを。
水着の使用後は真水で洗って下さい。そのままにしておくと色落ちの原因になります。海での使用後も、砂や目に見えない汚れがついていますので、必ず真水で洗い流して下さい。

持ち帰りの時は、ビニール袋には絶対に入れないで下さい。

持ち帰りの時は、ビニール袋には絶対に入れないで下さい。
水着の持ち帰りは、風通しのよいバッグやカゴで。濡れたままビニール袋等に入れて密閉しますとムレて色移りすることがありますので、注意して下さい。車のトランクには絶対に入れないで下さい。熱で、色落ちの原因になります。

水着を持ち帰る時はタオルで包んで。

水着を持ち帰る時はタオルで包んで。
しぼると型くずれの原因になります。タオルなどで水気を吸いとるようにして拭き取りましょう。濡れた水着は乾いたタオルに包んで持ち帰りましょう。

帰宅後の洗濯は…

まず念入りに水洗いを。

まず念入りに水洗いを。
真水でよく押し洗いしましょう。汚れが落ちにくい場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で手早く押し洗いした後十分にすすいで下さい。洗濯機や脱水機漂白剤は使わないようにしましょう。

ドライヤーや乾燥機で乾かすのは厳禁。

ドライヤーや乾燥機で乾かすのは厳禁。
高温や熱風は生地や金具類、カップをいためたり、変形させます。ドライヤーや乾燥機の使用は絶対にやめましょう。

しぼらずに日陰干しで。

しぼらずに日陰干しで。
しぼると生地をいため、型くずれの原因になります。タオルなどでよく水気をとり、ハンガーなどで形を整えてから陰干しに。直射日光はさけましょう。

  • 色移りする事がありますので、色物のTシャツ等の着用や色物と同時に洗濯する際には、充分注意して下さい。また、車のトランクは色落ちや色移りの危険がいっぱい。絶対に入れないで下さい。
  • 砂にはくれぐれもご用心。砂が繊維の中に入り込むと黒ずんで大変目立ちます。砂遊びは避ける方がベターでしょう。
  • 砂が入ってしまったときは、乾いた後生地を伸ばして砂をはたくと落ちやすくなります。

  • Japan Swimsuit Association/日本スイムスーツ協会